新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

転職でうつ病が治る!?環境が変わると気分も変わる

最終更新日: 公開日:

woman_otikomu

私は社会人1年目の冬に「うつ病」と「不安障害」という病気を発症しました。

心の病は、自分でも自覚症状があるのに止められないケースや、自覚症状がなくて突然発症するケースがあります。

どちらのケースでも、一度発症させると完全に治すには時間がかかる病気です。私の場合は「今の会社にいても絶対に良くならない」という危機感から、会社を転職することでうつ病を克服しました。

今回はそのときの経験談をご紹介します。今、うつ病など心の病で悩んでいる人の少しでも参考になれば幸いです。

うつ病発症から転職を決意するまで

はじまりはうつ病から

私のうつ病の原因は、完全に会社の人間関係でした。

私が新人で配属された職場は、社内でも有名な「ブラック部署」で、怒号・罵声は当たり前。上司が部下に責任をなすりつけるなど、かなり劣悪な環境でした。

最初は我慢して頑張っていましたが、怒号や罵声といったパワハラに耐え切れずに、日々の生活への倦怠感、仕事への極端なやる気低下など、うつ病の症状が現れたのが始まりでした。

その状態のときは「自分の頑張りが足りないし、ここで挫けたら将来がなくなる」という思いで仕事を続けていたのですが、日に日に心の状態が悪くなり、ついに不安障害も発症させてしまいました。

不安が襲ってくる不安障害

不安障害とは、文字通り「不安が襲ってくる病気」で、普通に座っているだけで「とてつもない恐怖と不安」が襲ってきて、とてもその場にいられないのです。

具体的には

  • 冷や汗と動悸がする
  • 狭いところにいると不安で押し潰されそうになる
  • 突然「このまま死ぬ!」という恐怖に襲われる

といった症状です。

会社にいても家にいても、心がかなり不安定な状態でした。不安が襲ってくると外に散歩に出たり、不意に泣きだしてしまったりと、普通に生活できる状態ではなくなりました。

食欲もなくなって、ご飯がまともに食べられなくなります。気分的にも食べる気力が湧きませんが、喉が詰まって呼吸が苦しくなるので、まさにものが喉を通らない状態になってしまっていました。

転職を決意

2、3日会社を休み、心療内科を受診して、処方薬を飲むようになってようやく症状は落ち着きました。

不安障害はパニック障害とは違い、溜まったストレスや不安が一気に症状となって現れる障害です。心療内科を受診して薬を飲めばすぐに症状は落ち着きます。

とは言え、表面上の不安は落ち着いたけど、心が不安定なことに変わりはありません。

不安障害をきっかけに「今の会社で続けることはもうできない。将来云々の前に自分が壊れてしまう」と思い、転職を決断したのでした。

うつ病で休職中に転職活動

休職中に転職活動

心療内科から「1ヶ月の休暇が必要」との診断書をもらい、1ヶ月間休職することにしました。

病気の原因となったパワハラから解放されたことと、医者でもらった薬が効いたこともあり、不安障害の症状はすぐに治まりました。

症状が治まって外にも出られるようになったので、以前から情報収集を進めていた転職サイトを通じて、本格的に転職活動を開始しました。

自分の将来のことなのでなりふりなんて構ってられません。

そもそも、自分を追い込んだ会社に義理立てする必要もありません。自由に動ける「うつ病による休職」をフルに利用しました。

最悪、休職中に転職先が見つからなくても、1ヶ月早く転職活動を始めることで、休職期間が終わってもすぐに転職できるはずという希望がありました。

※休職中の転職の具体的な方法と体験談は以下のページでまとめてあります。そちらもご参考にしてみてください。

うつ病などの休職中に転職活動をする方法

休職期間中に転職先が決まる

私は病気になる前から、会社のツラさを紛らわすために以下のようなことは行動してました。

  • ネットで転職情報を見る
  • 転職サイトに登録して企業情報をチェックする

特に、転職サイトでは企業情報の他に、転職するためにやるべきこと・転職を有利に進めるための方法や、転職希望者同士の情報共有のサービスがあったりして、大いに役立ちました。

事前に準備していたこともあり、転職活動は休職期間中に終了。
今もそのときに決まった会社で働いています。

いざという時に慌てないためにも、そして今悩んでいる状況なら、その気持ちを少しでも軽くするためにも、転職サイトに登録して情報に触れることをおすすめしますよ。

私が利用した転職サイトの一覧を見てみる

転職してうつ病状態が治った!

今の会社に転職してからすぐにうつ症状も良くなり、今ではうつ症状も不安障害も出なくなりました。

心療内科で処方された薬も効いていたのだとは思いますが、それ以上に、転職して病気の原因となったパワハラがなくなったことが一番の薬になったのでしょうね。

今現在、転職して6年経ちますが、パワハラやモラハラに悩むことはありません。伸び伸びとやりがいをもって仕事に取り組むことができています。

心の病気を患ってまで、その職場で働く必要はありません。
いくら将来や世間体を考えても、今の健康と日々の生活が充実してなければ何の意味もありません。

私の場合、転職が病気改善のきっかけとなりました。

心の病は一度発症すると引きずる人もいますが、私のように、転職によって心の病気の原因がなくなって治る人もいます。環境が変わることで驚くほど改善する場合もあります。

今の職場環境で心の病に悩みながら働いているとしたら、一度転職を考えてみませんか?

不安になることもあると思いますが、今の環境や病気の症状を改善できるチャンスでもありますよ。

自分の「本当の強み」を診断してみませんか?

あなたの職種はあなたに本当に合ってますか?
あなたの「本当の強み」を把握してますか?

もし、今の仕事に悩んでいるなら、一度「自己分析」することをおすすめします。

僕が利用した転職サイト「リクナビNEXT」には、グッドポイント診断というサービスがあります。

質問や設問に答えていくだけで、あなたの仕事に対する本当の強みや特徴を診断できるというサービスです。

18種類の自己分析の中から、あなたの長所となる性格や能力を診断してくれるので、次の会社を探すときの参考になるし、応募書類の長所の記入や採用面接のときの「自分の売り」にも活用できます。

分析結果は、以下の画面のようにかなり細かく分析してくれます。

今の会社で続けられるのかな?今の職種は本当に自分に合っているのかな?と悩んでいるときに、非常に参考になるサービスです。実際に僕も、グッドポイント診断の結果を参考にして、うまく応募書類や採用面接を乗り切りました。

自分でも気が付かなかった強みや長所を再認識する意味でも、まずはこういった客観的に分析してくれるサービスを利用してみてはいかかでしょうか?

▼リクナビNEXTで適正診断をしてみたい人はコチラから▼

 

 - 仕事とうつ病


ページ上部へ