新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

第二新卒の転職を有利にする方法と会社の選び方

最終更新日: 公開日:

shinjin_01

第二新卒とは、入社してから短期間で次の転職や離職を考える会社員のことを指し、一般的に「入社1年目~3年目までの社員」のことを言います。

第二新卒(だいにしんそつ)とは、学校等を卒業して一旦就職したが、短期間(主に1年未満〜3年)のうちに転職を志す者のこと。「第二新卒者」とも称す。

引用:第二新卒 – Wikipedia

実際の募集要項を見ても、第二新卒(入社1年目~3年目)と明記して募集している企業がほとんどです。

第二新卒という募集枠が設定されるようになってから、第二新卒を利用して転職する会社員と、第二新卒を利用して新人を探す企業は年々増えてきています。

今回は、第二新卒として転職を有利に進める方法や会社の選び方についてご紹介します。

第二新卒のメリット

第二新卒して転職活動するときは、普通の中途転職、中途採用にはないメリットがあります。

新人として扱ってくれる

第二新卒は、基本的に新人扱いです。

第二新卒として短期間で転職を考える人は

  • 今の職場で悩みを抱えている
  • 今の職種が自分には合わない
  • 新しくやりたい仕事を見つけた

という人がほとんどです。
つまり、技術的にも社会人の経験としても、中途として扱われるのにはまだまだ無理がある状態です。

第二新卒としての転職は、募集する企業側も「新人」として扱ってくれます。技術や経験よりも、やる気や本人の人柄などを見てくれます。

短期間で転職を考えるなら、第二新卒としての枠(入社1年目~3年目まで)のうちに転職すべきなんです。

違う業種や職業への転職がしやすい

第二新卒は、技術的な期待はあまり求められません。

そのため中途採用とは違い、技術的な上積みがなくても転職できます。言い換えると、他の業種や職種への転職がしやすいということです。

第二新卒を求める企業もその認識はわかっています。

よく「最低3年は同じ会社で働かないと不利になる」と言われますが、職業や業種を変える転職の場合は当てはまりません。

新入社員として入社して、1年目、2年目で辞めてしまうのは印象がよくないんじゃないか?と思うかもしれませんが、その心配は全くありません。

第二新卒として人材を募集している会社は、それらの理由を織り込み済みで募集しています。何らかの理由で前の会社と合わない人。全く異なる職業や業種から転職を考えている人。そのような事情を承知の上で募集をかけています。

僕自身、入社1年目の第二新卒として転職したのですが、今の会社の人事担当に「1年目で会社を辞める人に不安はなかったか?」と、入社後に聞いたことがあります。

そのときに返ってきた答えは意外なものでした。

「大丈夫かどうかは面接で会って話をすればわかる。むしろ第二新卒は、1つの会社を経験したことにより社会人としての経験はあるし、次の会社では挽回するという意気込みを持って入社する人が多い」とのことでした。

僕の会社は、僕が第二新卒として入社して以来、この6年間で4人も第二新卒で新人を入社させています。同業種からの転職者もいれば、全く違う職業からの転職者もいます。

第二新卒としての転職は決して後ろ向きな印象ではありません。

むしろ、異なる職業や業種に転職する場合は、早い方が圧倒的に有利です。

第二新卒の転職を有利に進める方法

第二新卒の転職をより有利に進めるための方法をご紹介します。

なるべく入社2年目までに転職する

僕が入社一年目で転職したときの感じや、転職して6年間現場で働いた限り、実際に第二新卒として通用するのは入社2年目までです。

「第二新卒として通用する」というのは、企業側の人事や実際の働く現場が「新人」として扱ってくれることです。

一般的に入社二年目というのは、仕事の専門性に特化したスキルなどはまだまだ身についてない状態です。ですので採用企業側も「社会人としての一般的な研修やマナーが身についている新人」として扱ってくれます。

ですが、入社三年目となると状況は違います。

入社三年目は、新人として見るのではなく「ある程度スキルを積んだ即戦力」という目で見られることがあります。

新人として見られるのか、即戦力として見られるのかは、転職を考える第二新卒者にとって大きな違いとなります。

そして、ほとんどのケースで新人として見られた方が圧倒的に有利なことが多いのです。

あなた自身のケースを考えてみてください。

今の職場で不遇の扱いを受けて、まともな仕事が与えられない状態じゃありませんか?
仕事内容が全く合わずに、違う職種や業種への転職じゃありませんか?
じっくりと1からやり直したいと思っていませんか?

入社して数年で転職を考えるということは何らかの特別な理由があります。入社3年を経過したからといって必ず専門性の高い仕事やスキルを積んだわけではありません。

ですが、採用する側の企業は、入社3年目ということである程度の専門性やスキルを積んだ即戦力として期待します。

そのため、第二新卒としての転職を考えるのであれば、なるべく早めに行動を起こした方がより有利に進めることができるんです。

第二新卒の転職は秋が有利

第二新卒に限って言えば、秋の転職が断然有利です。

理由は、来年度新入社員の内定辞退者がでる時期だからです。

新入社員を採用する企業は、あらかじめ内定辞退者の数を想定して多めに募集します。多めといっても、全員辞退しなければそれはそれで困るので、会社の規模によりますが、せいぜい3~5人程度です。

ですが、この想定が往々にして外れます。

私が前に勤めていた会社も、私が入社した時に内定辞退者が続出して、純粋な新入社員の数は他の世代より少なかったです。

内定辞退者が続出して、希望する人員が確保できないときに利用するのが「第二新卒」です。

新たに新入社員を募集するには時間がないため、社会人としての経験があり、新人として扱える「第二新卒」を重宝します。

最終的に内定辞退者が決定するのが秋から冬にかけての時期なので、第二新卒として転職するなら、この時期に狙って活動すると、転職を有利に進めることができます。

第二新卒の会社の選び方

すでに、今の会社で苦労している人は経験があるのでわかるかもしれませんが、第二新卒として転職するときは決して会社の規模や知名度だけでは会社を選ばないでください。

第二新卒としての会社選びのポイントは

  • 実際の面接や職場見学での会社の雰囲気
  • 福利厚生の充実
  • 自分との適正・相性とのマッチング

です。

実際に入社してみないとわからない部分がありますが、すでに今の会社を経験して、職場の雰囲気などはなんとなくわかる状態だと思います。今までのところが酷い職場なら、次はそうそう酷いところはありません。自分の感覚を信じれば必ず職場環境は改善されるはずです。

福利厚生も必ずチェックしましょう。
手厚いところを選べというわけではなく、ちゃんと明記されているか確認です。

会社の良さは、会社の規模や知名度ではありません。

僕は、一部上場企業の子会社に入社してから、1年で地元の小さな会社に転職しましたが、今の方が給料もいいし、職場環境も良くて充実して仕事に打ち込めています。転職して6年経ちますが、その気持ちに変わりはありません。

また、自分の仕事の適性を調べて会社を選ぶことも、会社選びのひとつの指標になります。

僕が利用した転職サイト「リクナビNEXT」には、グッドポイント診断というサービスがあります。

質問や設問に答えていくだけで、あなたの仕事に対する本当の強みや特徴を診断できるというサービスです。

18種類の自己分析の中から、あなたの長所となる性格や能力を診断してくれるので、次の会社を探すときの参考になるし、応募書類の長所の記入や採用面接のときの「自分の売り」にも活用できます。

分析結果は、以下の画面のようにかなり細かく分析してくれます。

今の会社で続けられるのかな?今の職種は本当に自分に合っているのかな?と悩んでいるときに、非常に参考になるサービスです。実際に僕も、グッドポイント診断の結果を参考にして、うまく応募書類や採用面接を乗り切りました。

自分でも気が付かなかった強みや長所を再認識する意味でも、まずはこういった客観的に分析してくれるサービスを利用してみてはいかかでしょうか?

▼リクナビNEXTで適正診断をしてみたい人はコチラから▼

 

第二新卒の転職のまとめ

以上のように、第二新卒として転職することが有利に働くことは多々あります。特に今の職場に悩んでいたり、職種や業種を変えたい人ならなおさらです。

自分が入社して3年経っていないのなら、ぜひ第二新卒を利用しましょう。企業によっては、第二新卒として募集していなくても、第二新卒として扱ってくれるところもあります。

まずは転職情報を調べるなど、行動に移すことが重要です。

入社して間もなく転職するということに不安があると思います。僕もそうでした。ですが、自分に疑問を持ったまま働き続けても得られるものはありません。

あなたにとって、転職というものが人生の好機になることを願っています。

転職情報を集めるためのサイトを見てみる

 

 - 転職のコツ


ページ上部へ