新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

社会人1年目の新人で仕事を辞めても大丈夫?

最終更新日: 公開日:

man_nayamu_02

社会人1年目の新入でも、転職を考える人は多いです。

  • 仕事が合わない
  • 激務に体力が持たない
  • 職場でパワハラやイジメを受けている

いろいろな理由で辞めようと思っているのはあなただけではありません。

ですが、「辞めてから上手く転職ができるのだろうか?」「社会人1年目の新入社員で会社を辞めるなんて自分が甘いだけじゃないか?」と思って、なかなか仕事を辞めることができない人もいると思います。

周りの人に相談しても「1年目で辞めたいなんて早すぎる。もう少し我慢してみろ」と諭されることがほとんどです。

私もそうでした。

結局私は、職場でのパワハラに耐え切れず体調を崩してしまい、1ヶ月間休暇をしている間に転職活動をして転職しました。

自分の希望に合った会社を探してみませんか?

1年目で仕事を辞めても大丈夫

私は、社会人1年目で転職した会社に今も勤めています。
転職してから6年以上経過しましたが、日々仕事に打ち込み充実した社会人生活を送っています。

1年目で転職を考える人は

  • 1年で辞めるなんて甘いと思われるんじゃないか?
  • 転職した先の職場も合わなかったらどうしよう
  • そもそも転職先が見つかるのか?

といった不安を抱えているのではないでしょうか?

1年で転職した私の経験からいうと、それらは全て考え過ぎで心配はありません。

第二新卒(新人)として募集している

社会人1年目での転職は、第二新卒として扱われます。

第二新卒とは、入社して1年目~3年目までに転職を希望する人のことで、最近では「第二新卒枠」として募集をかけている企業が急増しています。

キャリア転職者(中途採用)とは違い、社会人3年目までの転職者には「新人」としての能力を求めます。

企業側にとって、少しでも社会人を経験した人材を「新人」と同じような待遇で採用できるので、第二新卒は扱いやすい存在です。そのため、新入社員の採用が予定通り進まなかった企業や内定辞退者が多く出てしまった企業から、第二新卒は人気が高いんです。

これは転職する側としても有利なことです。

社会人1年目~3年目までの転職というと、正直、技術的な経験や社会人の経験はあまり期待できません。期待されても無理な話です。

ですが、第二新卒としてなら新人として扱ってくれます。

採用する企業は、第二新卒に「新人」としての能力を求めてくるので、1からのやり直しが効きます。やる気さえあれば、1年目でも未経験でも転職できるのが第二新卒のメリットです。

転職先はいい職場の可能性が高い

今、あなたのいる環境はどうですか?

仕事が合わない・職場の人間関係が合わないなど、なにかしらの深い悩みを抱えているはずです。だからこそ当サイトを見ているのですよね?

今の環境がよくないのであれば、転職先はいい職場になる可能性は極めて高いです。

私は、最初に就職した職場が、パワハラ・モラハラ・怒号飛び交う最悪の職場でした。

転職した会社は、規模は小さくなりましたが、全員が同じ方向を向いて仕事をしていて足の引っ張りあいなどはありません。会社の信用が自分たちの仕事に影響するのがわかっているから、誰かが困っていたら助け合う空気感で、非常にやりやすくやり甲斐のある職場です。

これは稀なケースではありません。
もちろん、「必ず自分にピッタリの職場が見つかる」という保証はありませんが、今よりひどくなることはまず無いと考えて大丈夫です。

社会人1年目の転職でやるべきこと

社会人1年目の転職をできるかぎり満足するものにするためには、いくつかやるべきことがあります。ぜひご参考にしてみてください。

なるべく早いうちに動き出す

ちょっとでも「転職してみたい」「会社を辞めたい」と思ったら、なるべく早いうちに動き出してください。

動き出すと言っても、いきなり会社を辞めたり、企業に採用応募を出すわけではありません。

まず最初にやるべきことは情報収集です。

  • 気のおける先輩、同期に相談する
  • 大学の先輩に相談する
  • 親、親戚に相談する
  • ハローワークに相談する
  • 転職サイトで情報集める

など、働きながらできることはどんどん始めましょう。

特に、人に相談したり転職サイトで情報を集めることはすぐにでも行動に移せます。

人に相談して愚痴を聞いてもらうことである程度スッキリするかもしれないし、転職サイトで情報を集めたり、同じ境遇の人と交流することで「いつでも転職できる」と開き直れるかもしれません。

転職サイトで情報を集める

私自身、一番の転機になったのが、転職サイトで情報を集めたことです。

転職サイトでは、

  • 転職の最新事情の取得
  • 転職者に有利なサービス
  • 悩みを抱える人同士のフォーラム

などが利用できます。

転職サイトで「転職できる!」と手応えをつかみ、転職サイトの企業オファーを利用して転職しました。

大卒で就職活動をした人なら「リクナビ」や「マイナビ」などを利用したのと同じように、転職専門のサイトも充実しています。

まずは転職の情報を集めることが、状況改善の第一歩です。
今の閉塞感のある状況を打開する第一歩を今すぐ始めてみてはどうでしょうか?

私が利用したおすすめ転職サイトの一覧を見てみる

転職で悩んでいるなら積極的に動いて欲しい

社会人1年目で転職した私としては、仕事の辛さや人間関係に我慢して悩んでいるのであれば、ぜひ積極的に転職活動して欲しいと思っています。

誰にだって合う合わないといった相性はあります。私のように、別の環境に行けば驚くほど伸び伸びと仕事ができるかもしれません。

そもそも社会人として働いていない学生のときに、会社の良し悪しなんて完璧に判断できるわけないし、会社の環境や職場も入ってみなければわかりません。

社会人1年目として転職を考えるときは確かに不安になります。

ですが、社会人のつらい経験経て、改めて「働くこと」に対して自分の考えができたと思います。こうしたい、こうだったらいいのにを実現するチャンスでもあります。

まずはちょっとだけ動くことから始めてみましょう。

最終的に転職してもしなくても、今の一歩が状況改善の第一歩になるはずですよ!

自分の希望に合った会社を探してみませんか?

就職活動のときに自分の希望に合った会社をちゃんと探せましたか?ひょっとした見落とした企業はありませんでしたか?

入社わずかの新人でも、自分の希望に合った会社に転職することは可能です。

僕が利用した転職サイト「リクナビNEXT」には、マッチング機能というサービスがあります。

表示された内容に対して、自分の希望に合っているかどうかを選んでいくだけで、自分の希望に合った企業をどんどん紹介してくれるサービスです。

・求める人材
・給与などの待遇
・保険などの福利厚生
・休日、休暇

など、実際の企業の条件例が表示されるので、それに対して「気になる」「まあまあ気になる」「気にならない」を選んでいきます。

選んだ条件に合った企業を、リクナビの方からどんどん提案してくれます。自分で探すと、どうしても気が付かなった企業や探し漏れてた企業が出てしまいますが、この機能は自分の条件に合った企業を提案してくれます。マッチングの精度もかなり高いです。

入社わずかの新人の転職でも転職先企業はたくさんあるし、待遇や条件面で妥協しなくても、自分に合った企業はあります。

提案されたからといって、必ず転職活動をしなければならないものでもないので、現状の自分に合う企業があるのかどうかだけでも探してみてはいかがでしょうか?

▼リクナビNEXTに登録してサービスを利用してみる▼

 

 - 仕事の悩み解決法


ページ上部へ