新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

仕事は将来のためじゃない!今現在のために働こう!

最終更新日: 公開日:

仕事を考える時、多くの人が将来のことを考えます。

IT関連企業で幅広いスキルを身につけたい、キャリアアップして将来的な働く幅を広げたい、会社で出世をしていきたい。

働く人それぞれに目的があり、将来のことを考えた仕事選びや会社選びは重要なことです。おそらく将来のことを考えないで仕事や会社を選ぶ人はあまりいないと思います。

転職も一緒で、多くの人が転職するにあたり自分の将来を考えます。

転職して上手く行かなかったらどうしよう?思っていた会社と違ったらどうしよう?
辞めるときも、今の会社を辞めてしまっていいのか?今の会社が辛いという理由で辞めてしまってもいいの?など。

今を生きているのだから今の気持ちを大事にしよう

しかしながら、将来のことを考えることも重要ですが、今現在自分がどうしたいか?どのように働きたいのか?今の仕事が合わないのか?辛いのか?今の会社を辞めたいのか?といった、今の気持ちや状況の方がはるかに重要です。

私が社会人1年目の第二新卒として転職をしたときに感じたのは「今どうしたいのか」という気持ちを抑えて生活する意味があるのか?ということです。

誰しも将来のことは考えるし不安になります。ただ、将来のことに囚われすぎて今を不遇にしていては何の意味もありません。将来のことなんて思い通りにいかないことの方が多いのですから。

将来の不安のために、今の会社、仕事への不満や、辛い思いを我慢する必要はありません。我慢して得られるものなんてほとんどないと言えるでしょう。

それよりも今の時間を大事にして、今の会社にいても得るものがないと感じたならば、転職も視野に入れてください。

今を大事にするからこそ転職も選択肢の一つ

転職を考え出した時点で会社や仕事に対する考え方が変わるかもしれませんし、実際に転職支援サイトで情報を集めたり、同じ境遇の人たちと交流を図ると、それだけで心の支えとなります。

社会人として会社で働くのはあなたであり、そして働いているのは今現在です。
今の状況を我慢したところで将来に繋がることはほとんどありません。今現在の仕事が充実してこそ将来に向けてのスキルアップや仕事の幅の広がりに繋がります。

転職で将来がマイナスになったり不利になるようなことはありません。

今現在を大切に、今現在の会社に満足しなければ、転職支援サイトに登録して転職情報を集めるところから始めてみてください。

 - 仕事のコラム


ページ上部へ