新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

会社でうつ病など心の病を発症させないためには

最終更新日: 公開日:

会社の仕事や職場の人間関係で悩んで、うつ病をはじめとする心の病を患う人は本当に多いです。

何十年も前から社会問題とされて世間的には認知されてきていますが、その対応や配慮はまだまだ足りないのが現実です。

僕自身、社会人1年目でパワハラを受けたとき、精神的に相当追い込まれて心療内科にかかったことがあります。不安障害という症状で、理由もなく突然大きな不安が襲い、ある種パニック状態に陥ってしまう病気です。

症状が出ているときは、一つの場所に留まることができずに、あたりをウロウロしたり、喜怒哀楽といった全ての神経がとても敏感になり、仕事どころではありませんでした。

幸いなことに、不安障害は心の病の中では軽度の症状で、心療内科で適切に処方された薬を飲み、症状を和らげることができましたが、この「自分ではどうにも制御することのできない襲いかかる不安」「パニックに陥ったときの絶望感」は、今思い出しても二度と味わいたくはない症状です。

目に見えない病だから理解されにくい

しかしながら、この僕の状態も他人には全くわかりません。

僕自身も不安障害になってみて初めて心の病の怖さや孤独感がわかりました。これはいくら知識で知っていても、実際に自分がなってみないとわからない苦しみです。

心の病は世間的な認知度は上がってきていますが、自分がなってみて初めて苦しさがわかるものです。会社などの対応や配慮が足りなくても、これはもう仕方がない部分もあると思います。

それよりも、心の病の症状が出る前に自分で防ぐことが大切だと思っています。

僕は症状が軽くて、薬の処方と会社を転職したこともあって短期間で症状は治まりましたが、僕の知人では発症から10年以上経った今でも苦しんでいる人もいます。

会社の仕事や人間関係で苦しんで心の病を発症させてしまうほど悔しい思いはありません。

職場環境が原因なら転職してもいい

理不尽な扱いや人間関係は我慢する必要は全くありません。心の病にならないためにも、我慢せずに転職する道を選んでもいいのです。それは決して逃げではありません。

会社が変われば環境も変わります。
絶対に自分に合う仕事、自分に合う会社があるはずなのです。

これは、社会人1年目で不安障害を発症し、転職によって大きく人生を好転させた僕が言うので間違いはないです。

会社の仕事や職場の人間関係で悩まれている方。
どこの職場も一緒ではありません。
あなたにあった会社や職場が必ずあるはずです。

我慢せずに転職という選択肢も考えて準備しておきましょう。
それが心の支えになるときもあるからです。

 - 仕事とうつ病


ページ上部へ