新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

新入社員(新人)で仕事のミスが多いときの解決策

最終更新日: 公開日:

okoru_jousi

社会人1年目の新入社員(新人)のときは、誰しも仕事が初めてで慣れないものです。

要領よくすんなりこなす人もいれば、なかなか覚えられなかったり、ミスばかりしてしまう人もいます。

そんなとき、上司から怒られたり怒鳴られたりしようものなら、かなりヘコんでしまいますがあまり気にしないでください。。。といっても、怒られるのは嫌だし、なによりミスを無くしたいと思っているのは自分ですよね。

僕も新人の頃はミスが多くて怒られてばかりでした。

ブラック部署だったので半分は理不尽な内容で怒鳴られてましたけど、ミスを無くすためにいろんな工夫をしていました。

ミスしないための工夫

段取り8割、本番2割

大事な打合せがあったり、何か作業をこなすときは「段取り8割、本番2割」と言われています。打合せや作業前の準備の段階で結果の8割は決まってしまうということです。

もちろん、本番になれば思いもしない展開があるのですが、事前に十分に準備しておいてアドリブの部分をできるだけ少なくすることで、予想外のことが起きても心に余裕があって、うまく対応できるということです。

仕事にもこれが当てはまります。

事前に

  • こう言われるかもしれない
  • これを頼まれるかもしれない
  • こう指摘されるかもしれない
  • こう注意されるかもしれない

と頭の中で考えておきます。

それによって僕は、物事を先回りすることができてミスが少なくなったし、万が一ミスしても指摘・注意されることを想定していたので、注意されることがそれほどストレスに感じなくなりました。

ミスしたことだけを徹底する

僕もそうですが、ミスしやすい人は全てのことを徹底しようとするクセがあります。

全てのことに意識を集中するあまり、逆に注意が散漫になっていろんなところでちょっとしたミスをしてしまう・・・という悪循環に陥りやすいです。

ミスしやすい人は、ミスしたことだけを再発しないように徹底するようにしましょう。

今までミスしたことを頭の片隅に入れておくだけで、徐々に同じようなミスを繰り返さないようになります。

大事なのは「全てを完璧にしようと考えない」こと、そして「ミスした経験を頭の片隅に入れておくこと」ちょっと意識として思っておくことで、それがだんだんと当たり前になってミスが少なくなっていきます。

そもそも新人にミスはつきものです

そもそも仕事の覚えが遅かったり、ミスが多いのは、社会人1、2年目の新人なら当たり前のことです。長く働いている人でもミスの多い人はいます。

本来の上司の役割は、仕事の覚える早さの違いやミスは当然あるものとして、それを想定にいれてどのようにマネジメントするかが仕事です。

ですので、怒鳴る上司や罵声を浴びせるなど言語道断。自らマネジメント能力が全くないと宣言しているようなものです。

仕事の覚えが遅かったりミスが多かったりしても、どうか自分を責めないでください。

同じミスを繰り返さないように自分なりに工夫してみたり、ちょっとでも気づいた点があれば改善できるように取り組んでみる。

それでも出るミスは仕方のないことです。

今の職種や職場はあなたに合ってますか?

0919-u

ですが、あまりにも仕事内容が合わなかったり、罵声や怒号などのパワハラがら酷い場合は話しは別です。

私の友人で、初めはアパレル関連の会社に就職したのですが、仕事の覚えが悪くミスも連発してばかりの人がいました。

友人なりに工夫して頑張ってはいたのですが、それでも仕事内容に馴染めずに、2年目の春に、勤め出してから興味を持ったイラスト関係の会社に転職しました。

全く違う分野で、それほどイラスト関係の知識もなかった友人でしたが、友人には合っていたのでしょう。

仕事上のミスはほとんどなくなり、イラスト関連の仕事もどんどん覚えていき、今ではその会社に無くてはならない存在にまで成長しています。

友人なりに振り返ると「常にお客と対峙するアパレル関連の仕事は、気持ちが先走ってしまい自分には合ってなかった。思い切って転職して本当に良かった」と言っています。

自分の「本当の強み」を診断してみませんか?

今の職種や職場が本当に自分に合っているか知ることは重要です。

新人の頃のミスは仕方ないもの。

ですが、あまりにミスが多かったり改善されなかったりするときは、そもそも自分にその仕事が合ってないのかもしれません。やる気があっても、自分の適正に合っていない職業だと同じように失敗する可能性が高くなります。

もちろんそれがどうしてもやりたい仕事ならいいのですが、まずは自分の適性だけでも知っておいて損はないでしょう。

僕が利用した転職サイト「リクナビNEXT」には、グッドポイント診断というサービスがあります。

質問や設問に答えていくだけで、あなたの仕事に対する本当の強みや特徴を診断できるというサービスです。

18種類の自己分析の中から、あなたの長所となる性格や能力を診断してくれるので、次の会社を探すときの参考になるし、応募書類の長所の記入や採用面接のときの「自分の売り」にも活用できます。

分析結果は、以下の画面のようにかなり細かく分析してくれます。

今の会社で続けられるのかな?今の職種は本当に自分に合っているのかな?と悩んでいるときに、非常に参考になるサービスです。実際に僕も、グッドポイント診断の結果を参考にして、うまく応募書類や採用面接を乗り切りました。

自分でも気が付かなかった強みや長所を再認識する意味でも、まずはこういった客観的に分析してくれるサービスを利用してみてはいかかでしょうか?

▼リクナビNEXTで適正診断をしてみたい人はコチラから▼

 

環境が自分を変えることもある

仕事や職場が変わると驚くほど自分自身も変わります。

もちろん私の友人の例のように、上手くいくことばかりではないと思います。

ですが、色々な仕事があり、そこに可能性を試すことは悪いことではない思います。結局、自分に合っているかどうかなんて、働いてみないとわからないのですから。

この仕事は自分に合わないんじゃないか?と思われてる方は、まずは他にどんな仕事があるのか、どう進めばいいかを調べてみるのもいいでしょうね。

 - 仕事の悩み解決法


ページ上部へ