新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

【体験談】職場の先輩や上司から嫌味を言われる日々

最終更新日: 公開日:

ブラック部署へ配属されてから無視され続けて3週間。

0919-u

仕事も作業も与えられず、完全放置が続く状態。

プロジェクトのメンバーに何度言っても動いてくれないので、私は配属担当の人事部に直接相談に行きました。

「何で新人の俺がこんなことで悩まなければいけないのか・・・」

という辛さはありましたが、そのままではスキルも経験も積むことができず、毎日疲れる日々だけです。

そんなとき、職場に動きがありました。

職場の上司・先輩の嫌味

適当に与えられたツール開発

人事部からの注意が入ったのでしょう。その2日後くらいにようやくプロジェクトの課長が私の処遇について話す打ち合わせを設けました。

打ち合わせを受けて、新規でやる作業もないしとりあえずサンプルツールを作成する作業を与えられました。

「周りの同期がちゃんとした仕事の一部を与えられているのに、絶対に使わないようなサンプルツールか・・・」という思いもありましたが、作業が与えられるだけマシです。今はその作業を一生懸命こなして実績を作っていくだけです。

そのように何とか気持ちを前向きにして始めた作業ですが、その時から始まったのは直属の上司からの嫌味攻撃でした。

上司からの嫌味の数々

okoru_jousi

配属直後から、隣の席で私に対してため息ばかりついていた上司が私のコーチ役となったのですが、その上司から

「金にならない仕事で意味が無い」
「お客と関係ない作業で気楽でいいよな」

などといった嫌味を浴びせられる毎日でした。

私が選んでサンプルツール作成の作業をしているわけではないのに、上司の中では仕事じゃないという思いが強く「大学生でもできるわな」という態度で嫌味を浴びせてきました。

今、私は転職して6年が経過しました。

社会人をある程度経験した私から言わせれば、新人や後輩を活かせるかどうかはその上司や先輩の能力です。

与える仕事がないとか、仕事を新人に振ってフォローもできない人は、上司・先輩としての能力に乏しいと言わざるを得ません。

だから、自分の仕事がない状態もフォローがない状態もあなたのせいではありません。

新人なんだからガツガツ行け!という意見もありますが、それにしても限度があります。

ある程度自分で動いてるのに、仕事ひとつ与えられない・不遇な扱いを受けるのは、明らかに周りが悪いんです。

嫌味を言うのに理由は関係ない

私はIT関連のプログラミングはまあまあできたので、作成物に関して文句を言われることはあまりありませんでしたが、それ以外の謂れ無き小言がとにかく酷くて、毎日「また嫌味を言われるのか・・・」と憂鬱な日々を過ごしていました。

しかしそれでも

「世間の新入社員はこんなものだ」
「まだ自分で仕事を1からできるわけではないから仕方ない」

と自分に言い聞かせながら、そのサンプルツール作りを2ヵ月間一生懸命頑張りました。

そして、そのサンプルツール作りが終盤に差し掛かったことろ、ある一つの仕事が振られました。

ですがその仕事は、今までの無視や嫌味が生易しく思えるほどの過酷な作業でした。

< 新人の転職体験談 >
ブラック部署への配属!入社直後から職場で無視される
・職場の先輩や上司から嫌味を言われる日々(現在のページ)
お客への謝罪対応で会社で泣いてしまう日々
新人の転職の第一歩!リクナビNEXTへの登録から
パワハラ上司から罵声や怒号を浴びる日々
新人での転職!転職先の入社面接のコツ
転職活動中に今の会社に報告する義務はあるの?
退職は最低何日前までに伝えればよいのか?
退職日と転職先の入社日の注意点
第二新卒として転職した後はどうなったのか?

自分の適性を調べてみませんか?

今の仕事が本当に自分に合っているかどうかを知ることは重要です。

職場環境に合わない・馴染めないということはよくありますが、自分で気づかなくても「今の仕事自体が合ってないので職場が合わない」というのもよくある話しです。

やる気をもって働きたいのに、自分の適正に合っていない職業だと同じように失敗する可能性が高くなります。

もちろんそれがどうしてもやりたい仕事なら仕方ないですが、まずは自分の適性だけでも知っておいて損はないでしょう。

自分の適性を知るために、以下のようなサイトが便利です。

僕が利用した転職サイト「リクナビNEXT」には、グッドポイント診断というサービスがあります。

質問や設問に答えていくだけで、あなたの仕事に対する本当の強みや特徴を診断できるというサービスです。

18種類の自己分析の中から、あなたの長所となる性格や能力を診断してくれるので、次の会社を探すときの参考になるし、応募書類の長所の記入や採用面接のときの「自分の売り」にも活用できます。

分析結果は、以下の画面のようにかなり細かく分析してくれます。

今の会社で続けられるのかな?今の職種は本当に自分に合っているのかな?と悩んでいるときに、非常に参考になるサービスです。実際に僕も、グッドポイント診断の結果を参考にして、うまく応募書類や採用面接を乗り切りました。

自分でも気が付かなかった強みや長所を再認識する意味でも、まずはこういった客観的に分析してくれるサービスを利用してみてはいかかでしょうか?

▼リクナビNEXTで適正診断をしてみたい人はコチラから▼

 

 - 転職体験談


ページ上部へ