新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

転職サイトと転職エージェントの違い

最終更新日: 公開日:

転職を支援する民間のサイト、いわゆる「転職サイト」には

・転職サイト(公募モデル)
・転職エージェント(斡旋モデル)

の2種類あります。

それぞれのサイトには特徴があって、どちらが有利・不利とかはありません。

サイトの特徴を知って、自分の転職活動に合ったサイトを利用しましょう。

転職サイト(公募モデル)の特徴

一般的な転職サイトと言えば、こちらの公募モデルを指します。

転職希望者と企業、双方が自分の情報をサイトに登録しておきます。

転職希望者は、企業の内容・職種・募集要項を閲覧できるようになります。
企業は、転職希望者の職歴や希望条件など見ることができます。

転職希望者が、気に入った企業を見つけた場合は自分から企業側へ応募します。
応募といっても、専用フォームから応募の申込みをして、後は企業側からの連絡を待つ状態です。

普通の転職サイトだとここまでですが、私が利用した「リクナビNEXT」ではここにもうひとつのサービスがあります。

それが、企業側からアプローチする「スカウトサービス」です。

職歴や希望条件を登録しておくと、その条件に合った企業から転職希望者にオファーがあるサービスです。

職歴や希望条件の登録は匿名での利用が可能で、公開範囲も自分で設定できるので、在職中でも安心して転職活動ができます。

スカウトサービスでは、一般公募に掲載してない企業もあるので、より有利に転職活動を進めることができます。

私も今の会社に転職したのは、このスカウトサービスでのオファーでした。

リクナビNEXT(公募モデル)のメリット
・自分のペースで転職活動ができる
・自分自身で求人を求職できる
・転職サイトから転職に関する情報が沢山取得できる
・スカウトサービスで転職が有利になる

▼掲載情報&掲載企業No.1の転職サイト「リクナビNEXT」はコチラ

転職エージェント(斡旋モデル)の特徴

転職エージェント(斡旋モデル)は、転職希望者と企業の仲介役となる「エージェント」と呼ばれる人が入るモデルです。

エージェントが、転職希望者の職歴・希望条件と企業側の募集要項をマッチングさせて、双方に一番いい条件を提示してくれます。

転職希望者の代わりに

・企業情報の検索、企業への推薦
・面接の調整
・年収交渉
・入社までの手続き手配

上記を仲介してくれるので、特にキャリアアップを目指して年収交渉をしたい転職希望者に人気のサービスになっています。

リクナビにも「リクルートエージェント」という斡旋モデルのサイトがあって、こちらも転職希望者には人気のサイトです。

リクルートエージェントは、上記の内容に加えて「新人として転職する第二新卒にも強い」というメリットもあります。

エージェントが、第二新卒としての転職をサポートとして、転職活動の進め方や転職活動のコツなどをアドバイスしてくれるので、自分でなかなか転職活動が進められない人・転職に不安がある人にとっては、かなり助けになるサービスになります。

リクルートエージェント(斡旋モデル)のメリット
・面接の調整などをエージェントが代行
・企業の中の情報や業界の動向を知ることができる
・キャリアアップや年収交渉に強い
・第二新卒にも強い

▼第二新卒にも強い斡旋モデル転職サイト「リクルートエージェント」はコチラ

自分の転職活動にあったサイトを選びましょう

転職サイトは、公募モデル・斡旋モデルどちらが有利か不利かというものはありません。

まずは情報収集だけでも、というのであれば、リクナビNEXTなどの公募モデルサイトに登録して情報を閲覧しましょう。

実際に転職をする!と決めた時、転職活動が不安だったり、事前に企業の内部の情報が知りたいというのであれば、リクルートエージェントなどの斡旋モデルサイトに登録して、エージェントに相談するとよいでしょう。

私は実際にどちらも登録しましたが、掲載情報や掲載企業数が多くて、転職活動をかなり有利に進めることができましたよ。

 - 転職サイト, リクナビNEXT, リクルートエージェント


ページ上部へ