新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

最初の失業認定日は誰でも必ず行きましょう

最終更新日: 公開日:

hello_work_02

会社を退職して初めてハローワークへ行き、雇用保険説明会に参加したら、次は最初の失業認定日になります。

雇用保険説明会でも指定されますが、「何月何日何時にハローワークへ行ってください」と指定されます。

この最初の失業認定日は非常に重要です。

というのも、最初の失業認定日にハローワークへ行かないと、いつまで経ってもあなたが失業状態であると認定されないからです。

失業状態と認定されないと、いつまでも失業手当が受給できないし、据え置き期間がある人はその据え置き期間が消化されません。

会社を辞めてからすぐに失業手当を貰える人は忘れませんが、自己都合退職で3ヶ月の据え置き期間がある人は最初の失業認定日を忘れがちです。

最初の失業認定日は誰でも必ず行くものなので忘れないようにしましょう。

失業手当を受給するまで3ヶ月の据え置きがある場合

自己都合退職などで、失業手当を受給するまでに3ヶ月の据え置き期間がある人は、最初の失業認定日にハローワークへ行くだけでOKです。

失業認定の相談をして30分程度のセミナーを聞きます。

失業認定の相談では、失業対象期間にバイトなど働いたか?ハローワークが主催するセミナー等を受けたか?書類送付や面接などの就職活動をしたか?などを申告します。

据え置き期間がある人は特に意識する必要はありませんが、やったことは正直に申告するようにしましょう。

失業手当をすぐに受給できる場合

会社都合の退職や理由付きの自己都合退職ですぐに失業手当を受給できる人は注意が必要です。

というのも、最初の失業認定日でいきなり失業手当を受給できるのですが、受給資格を満たすためには、最低2回以上の就職活動実績が必要だからです。

就職活動実績には主に以下の2つが該当します。

・ハローワークが主催する説明会、セミナー等
・一般企業への書類送付や面接などの就職活動

最初の雇用保険説明会がハローワークが主催する説明会に該当するので、就職活動実績が1回になります。

その他に最初の失業認定日まで、説明会やセミナーを受けるか、企業へ就職活動をするかが最低1回は必要になります。

よくいるのが、最初の雇用保険説明会から最初の失業認定日まで何もしなかったケース。

この場合、最初の失業認定日に失業手当は受給できません。

据え置き期間がない人は、最初の失業認定日までにセミナーを受けたり企業に書類を送付するなど、必ず就職活動をしておきましょう。

失業手当は就職活動をするための費用です

失業手当は、生活の心配をすることなく就職活動に専念するための費用です。

もちろん会社員時代に雇用保険を納付しているので、誰でも貰う資格のある保険なのですが、遊ぶために失業手当を受給するわけではありません。

失業手当を受給している間に、しっかりと自分のやりたいこと、やれることを練り直して後悔のない就職活動をしてください。

特にハローワークでは扱っていない企業も、民間企業の転職サイトなら数多くの企業が紹介されています。

▼業界最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の無料登録はコチラから

僕自身、上記のリクナビNEXTを最大限利用して、理想の会社に就職することができました。

前の会社ではパワハラによる罵声・怒号に怯える日々でしたが、今は伸び伸び仕事ができていて、社会人としての実績もそれなりに積んできました。

僕のように入社3年目までの「第二新卒」として転職を考えているのなら、沢山の企業を調べて自分の条件に合った会社を選んでください。

もしあなたが前の会社で不遇の扱いを受けてやむなく退社したのなら、次はいい会社に就職できるはずです。

もちろん会社選びに絶対はありませんが、今までの不遇な状況よりは全然いい環境があなたを待っているはずですよ。

 - 退職について, 退職後の流れ


ページ上部へ