新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

ここだけは絶対注意!失業手当の申込みをする時のポイント

最終更新日: 公開日:

会社を退職してから、次の就職先が決まってなくてすぐに働き出さない人は、いわゆる「無職」の状態になります。

よほどのブラック企業でない限り、会社員として働いている時は「雇用保険」というものに入っていて、保険料を毎月の給料から天引きされて払っています。

雇用保険とは「無職になったときに一定期間、一定額の失業手当が受けられる保険」のこと。

つまり前の会社で会社員として働いていれば、誰でも受け取る権利があるのが失業手当です。

「誰でも」といいましたが、受給するためには条件があり、「次の就職先が決まっている人」はもちろん「家事に専念する人」「学業に専念する人」など就職活動をしない人は受給することができません。

失業手当はあくまでも「次の就職先を見つけるまでの恩恵措置」です。

必要書類を用意してハローワークへ行きましょう

hello_work_01

失業手当を受けるためには、各自治体のハローワーク(職業安定所)に行って、登録手続きをする必要があります。

失業手当とは正確にいうと「雇用保険の求職者給付」と言い、雇用保険の求職者給付を受ける手続きを一番最初にハローワークで行います。※ここでは「失業手当の手続き」と言います。

ハローワークへの手続きには以下の書類が必要です。

1.離職票1
2.離職票2
3.運転免許証 or 住民基本台帳カード(写真付き)
  上記が用意できない場合
  ①パスポート
  ②住民票記載事項証明書 or 住民票 or 印鑑証明書
  ③国民健康保険証
  ①~③のいずれか2種類
4.預金通帳
5.印鑑(預金通帳と同じ)
6.証明写真(3cm×2.5cm)2枚

離職票は前の会社を退職するときに必ずもらっているものです。
[参考]退職時に会社からもらう書類一覧(内部リンク)

預金通帳は支給される失業手当を振り込む口座になります。

以上の書類を用意してハローワークに行くと、まず「求職申込書」というものを書くことになります。

IMG_5926

次の就職先を探すために、今までの職歴やこれからの探す企業の職種、業種、就労条件等を細かく記入します。

ハローワークに登録したからといって、必ずハローワークで就職先を探さなければならない!なんてことはありません。民間の転職サイトを利用しても構いません。

むしろIT関連や商社などは民間の就職サイトの方が情報量もサービスも圧倒的に豊富です。

▼民間のお勧め転職サイト「リクナビNEXT」はコチラから

求職申込書を記入して提出した後は、淡々と手続きが進みます。
ハローワークの職員の説明を聞いて対応しましょう。

これだけは注意!離職理由についてしっかり話す

ハローワークで失業手当の最初の手続きをするときに、これだけは絶対に注意して欲しい点があります。

それは、あなたの離職理由です。

離職理由とは、あなたがどのような理由で退職したかという内容。

・会社都合なのか?自己都合なのか?
・会社都合だったらどういう理由か?
・自己都合だったらどういう理由か?

離職理由を記号や番号で現したものが、会社からもらう「離職票2」に記載されています。

会社から「辞めてくれ」と言われたのに、離職理由が自己都合になっているときがよくあります。会社にとって会社都合による退職は都合が悪いからです。

また、結果として自己都合になったとしても、辞めざるを得なかった場合もありますよね?

・退職金をやるからと退職を促された
・セクハラ、パワハラを受けて辞めるしかなかった
・会社で働きたいのに労働条件で折り合いがつかなかった

など、完全に自分都合でない場合は、離職票2に対するヒアリングの時間があるので、その時に必ずハローワークの職員に相談してください。

離職理由の違いで、失業手当の給付開始日と給付期間が大きく異なります。もちろん会社都合の退職の方が失業手当の給付も早くなるし、給付期間も長くなる場合があります。

会社都合の要因で、退職が急だった・予期できなかったと認められれば、離職票2に「自己都合」となっていても、会社都合として扱ってくれる場合があります。

ハローワークで会社都合と認められると、その年度の国民健康保険の納税額も軽減される可能性があります。

ですので、自分の意志以外で辞めざるを得なかった理由がちょっとでもあるなら、ぜひハローワークの職員にその旨伝えてください。

雇用保険説明会の案内

ハローワークでの手続きが終わると「雇用保険説明会」の案内があります。

各自治体の職業訓練所(職業訓練支援センター)に何月何日何時に行ってください、と案内されます。

雇用保険説明会に出席して、初めて失業手当をもらえるようになるので、日程を合わせて必ず行ってください。

次の記事:雇用保険説明会で重要な3つのポイント

 - 退職について, 退職後の流れ


ページ上部へ