新入社員の転職計画

新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介

新人でも転職できる!成功する!

当サイトでは、入社1年目で転職をした管理人の経験をもとに、新入社員として転職活動するときの手順や転職を成功させるためのポイントをご紹介します。
また、なぜ多くの企業が「第二新卒」を求めるかについてもご説明します。

会社が辛い、仕事が合わない、他にやりたいことがある。

当サイトが悩みを持つ新入社員の助けとなり、一人でも多くの方の悩みが解決することを願っています。

まずは適正を調べましょう!

下記サイトで、自分の希望に合った求人が自動判定でわかります。

▼自分にピッタリの適正を自動診断する▼

メールアドレスを登録して、自分の希望条件を入力するだけで、自分に合った適正や相性をパーセンテージで見ることができます。

pitajob_01

・転職へのイメージが湧かない
・自分の適正の仕事がわからない
・次に働きたい仕事が無い

そんなときは適正診断をしてみて、自分を客観視してみましょう!
新たな発見や転職成功への鍵が見つかるかもしれませんよ。

▼自分にピッタリの適正を自動診断する▼

第二新卒(社会人1、2年目)としての転職活動の流れ

1.転職情報サイトで情報収集
2.企業へのオファー(応募)と転職活動対策
3.入社面接(企業面接)と採用試験対策
4.今の会社への退職報告

転職支援(転職情報)サイトに登録しましょう!

新人の転職で一番重要なのが転職サイトへの登録です。

ここで具体的な転職情報を収集したり転職活動を進めます。
今は、新人でもキャリアでも転職するためには転職サイトが欠かせません。

まずは転職するためのコツや具体的な会社情報を取得しましょう。

転職サイトは数多くありますが、実際に新人として転職した僕が選ぶおすすめの転職サイトをご紹介します。

ピタジョブ

自分の適正を自動診断で知ることができます。カテゴリも分かりやすいので、自分に合った会社が見つけやすいサイトです。メールアドレスの登録だけで利用できるのも魅力的です。

ピタジョブで転職診断してみる方はコチラ

リクナビNEXT

業界最大手のサイトで、登録企業数No.1!2015年満足度No.1の転職サイトです。企業からオファーがくる「スカウトサービス」など転職者に有利なサービスが充実しています。

リクナビNEXTをさらに詳しく知りたい方はコチラ

リクルートエージェント

エージェントというと「キャリア転職」というイメージですが、リクナビエージェントは第二新卒の登録者も多いし、第二新卒としての転職実績も豊富です。

リクルートエージェントをさらに詳しく知りたい方はコチラ

新入社員の転職活動 最初は情報収集から!

024nayami

新入社員として希望を持って入社したのに、仕事が激務だったり職場の人間関係に悩む人は多いです。

また、とりあえず就職したけど、働き出して本当にやりたいことが見つかった、自分に合った仕事に気づいたという人も多いです。

入社1年目の新入社員の段階で転職することは、一般的には難しく印象もあまり良くないというイメージですが、新人が転職で不利ということはありません。

私自身、入社1年目の新人のときに転職しましたが、転職先が見つからなかったり、希望した職種がないということはありませんでした。

第二新卒制度が導入されて以来、入社3年目までのいわゆる「第二新卒」の転職率はとても高く、第二新卒として求人を出している企業も増え続けています。

入社1年目の新入社員が転職を成功させるには、最初の情報収集が不可欠です。
今の職場で働いている状態で、どれだけ情報を集めて準備できるかが失敗しない転職活動のカギとなります。

まずは転職情報サイトに登録して、情報収集から始めてみましょう。

当サイトで公開している記事一覧

僕が転職時に調べた情報や実際に転職したときの体験談をまとめました。

おすすめの転職サイト
 →ピタジョブ
 →リクナビNEXT
 →リクルートエージェント

管理人の転職体験談

転職を成功させるためのコツ

退職に関する情報
 →退職するときの注意点
 →退職した後の手続き・流れ

仕事の悩みを解決する方法

仕事とうつ病について

仕事・転職のコラム

年間転職者数はおよそ300万人

1年間でどのくらいの人が転職しているかご存じですか?

2014年の1年間でおよそ300万人が転職しています。

転職者数は景気の波にも左右されて、2008年のリーマン・ショック以降、国内の雇用情勢も悪化していましたが、ここ数年景気が回復してきたことを境に増えてきています。今後も転職者数は増加していくと予測されています。

上記の300万人という数字は「実際に転職活動を終了させて働いている人」の数です。

転職活動中、または転職サイトや転職エージェントなどに登録している「転職希望者」の数推定600万人から700万人と言われています。

自分の見えないところで、これだけ多くの人が転職を考えているわけですね。

転職する人の理由も様々です。

・キャリアアップのための転職
・職種を変えるための転職
・外資系、グローバルへの転職
・Uターン、Iターンの転職
・環境を変えるための転職

理由は人それぞれですが、誰もが環境を変えたくて転職するわけですね。

世間的に「キャリアアップのための転職はいい転職」「職場が辛かったり仕事が合わない理由の転職はダメな転職」といった見方をされます。

でも、実際に転職活動を始めるとわかるのですが、転職にいい転職も悪い転職もありません。理由はどうあれ転職市場はみんなに平等です。採用する企業側も退職理由・転職理由はあまり重要視していません。

それよりも、これから自分の会社で役に立つ人材か?会社の雰囲気に馴染んで能力を発揮してくれるかどうか?を見ています。

仕事の適正を調べてみましょう

転職を成功させるためには「自分の適性」を知ることも重要です。

自分の適性とは、今の仕事が自分に合っているかどうかということ。

仕事に馴染めなかったり、ミスが多かったり、面白く感じなかったり。
それらは仕事が自分に合ってないことで起こります。

どんなに働く気力があっても、自分の適正に合っていない職業だと同じように失敗する可能性が高くなります。

もちろんそれがどうしてもやりたい仕事ならいいのですが、まずは自分の適性だけでも知っておいて損はないでしょう。

自分の適性を知るために、以下のようなサイトが便利です。

▼自分にピッタリの適正を自動診断する▼

自分の希望条件を入力するだけで、自分の適正や相性をパーセンテージで見ることができます。

pitajob_02

また、希望の企業がある場合は、今勤めている会社との客観的な比較もできます。

・どこが優れていてどこが劣っているのか?
・福利厚生、待遇の差はどのくらいあるのか?

など数値化して比較しにくい条件も客観的に比較することができます。

メールアドレスを登録するだけで利用できるので、まずは気軽に自分の適性を調べてみるのもいいでしょう。

▼自分にピッタリの適正を自動診断する▼

スカウトサービスで自分の条件に合う会社からコンタクト

転職サイト「リクナビNEXT」にはスカウトサービスというものがあります。

転職者が自分の条件を登録しておくと、それを見た条件に合った企業の方から転職者にコンタクトするサービスです。

2015年7月の実績は、登録者数2,633,781人に対し、企業からのオファーは7,718,983通です。転職者ひとりにつき3社からのオファーがある計算になります。

それほど企業側は人材を欲しがっているということですね。

まずは最新の転職情報や転職ノウハウに触れてみてください。

いろいろと転職事情を知ることで気分転換にもなるし、今後の転職活動を成功させる第一歩になるはずです。

<2015年満足度No.1転職サイト「リクナビNEXT」>

ricnavi_top

<リクナビNEXTの強み>
・業界最大級の企業登録数
・企業側からオファーのあるスカウトサービス
・転職者情報や転職ノウハウなどの豊富な情報

有名な転職サイトほど有料企業の登録が多いです。
登録は無料なので、まずは転職情報や転職ノウハウなどの情報に触れることから始めてみましょう!

▼リクナビNEXTで最新の転職情報を調べてみる▼

 


ページ上部へ